プロセスサポートエンジニアリング

プロセスサポート
エンジニアリング

ニシハラ理工では、お客様の製品企画、開発の段階から試作・量産に至るまでのあらゆるProcessをSupportするEngineeringを提供いたします。

 

部品の品質は、部品が製品に組み込まれた時点での信頼性までを視野に入れておかなければならないため、品質を保証するためには技術開発力や経験に裏付けされたノウハウが必要となります。
ニシハラ理工は、長年培ってきたノウハウを十分に活用した、「品質を保証するためのシステム」を装置計画、導入、運用、人材教育、技術など、あらゆるプロセスでトータルにサポート致します。

プロセス サポート エンジニアリング イメージ
 

プロセス サポート エンジニアリングのコンサルティングメニュー

 

部品設計のサポート

部品を設計する際にめっきの仕様をどのようにするかは設計者にとって大きな課題です。めっきによって部品の持つ特性が変わってしまうだけでなく、組み立て工程でのトラブルの原因になったり、部品が搭載される最終製品の信頼性にも影響が出ます。このような問題を回避するために部品設計の段階からめっきについてのご相談を承ります。

部品設計のサポート
 

部品加工の試作と評価

設計された部品が所期の目的を達成するには試作による評価が必要です。
ニシハラ理工では要求されためっき特性が保証できる工程を設計し、必要に応じてそれに対応した装置を社内で製作します。
めっきとしての評価は作り上げられた工程の検証から始まり、特性データの解析、量産を想定した生産管理の内容まで含めて行ない、最も合理的なフローをご提案します。

部品加工の試作と評価
 

量産システム

量産におけるめっき工程は前処理から乾燥まで自動化された一貫ラインですが、その中に組み込まれた機能をシステムとして管理するには幅広い知識と洗練された技能が必要です。ニシハラ理工は高度で信頼性の高いシステムを開発すると同時に、これらを管理する人材を育成することに重点を置いています。お客様の海外進出などの際の技術支援はこうした総合的なシステムの上に成り立っています。